オプティマイザを使うことで耐性があるのかの検証テスト

インクの退色度合いが以外にも強力だった事から、ある物を思い出した。

それは、「グロスオプティマイザ」。

img_3159

img_3177_a

何かと言うと、インクの発色を良くし、インクの退色を防いでくれると言われている物。

もし効果があるのであれば、退色を防ぐ為に普通に塗ったり、吹き付ければイイんじゃないかと考えた。

という事で今回は、「グロスオプティマイザ」の水濡れテストと退色テストを行ってみました。

例のごとく、新品のインク?を購入し、スポイトで抽出。透明かと思いきや、乳白色でした。
img_3188_a

純正インクとノンブランドのインクを各色それぞれ2つづ塗り、片方に「グロスオプティマイザ」を塗った。

用紙の「無」は「グロスオプティマイザ」を塗っていない物。「有」は塗った物。

完全に乾いた状態でテストを行った。

用紙を水に沈めて3秒。水から上げて水切り、そっと乾燥。

丸1日乾燥させて取り込んだ画像です。
test_20140515_000_001b

結果はというと、水濡れに対する耐性はほぼ無し。
test_20140517_water_002

次に行ったのは退色テスト。
以下が実験を行う前に取り込んだ画像
test_20140515_000_002b

そして約1ヶ月間、よく日の当たる場所に置いておいたものをスキャナで取り込んだ。
test_201406_3

結果は・・・、違いがまったく見受けられない。

結論、「グロスオプティマイザ」は光沢のみ増す効果があるもので、インクの耐性を高めるものでは無いと考えられる。

特殊な条件では違う結果になるかもしれないが、今回の実験では特に耐性を高める結果は得られなかった。

実験をする動機は、ネットには曖昧な情報が色々あり、どれがが正しいのか分からなかった為であり、この実験によってほぼ耐性効果は無い事が判明した。実験結果が購入を考えている方への事前情報くらいにはなれば之幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です